chakotaroのブログ

しがない中間管理職が地道に独立を目指し、副業や転職について考察してまいります。

中間管理職と定時

みなさま、こんばんわ!チャコタロウです!

 

 

 

さて、私たち中間管理職と役職のつかない社員との一番の違いはなんでしょうか?

 

 

 

え、

給料がいい?

 

 

 

 

いえいえ!そうとは限りません!!(爆)

 

 

 

 

 

 

その働きに見合った額をもらえるかというとそんなことはない!と声高らかに言えます(泣)

 

 

 

 

 

そう、見出しにもあります[定時]の文字。

 

 

 

 

 

最初の質問の答えはここにあるといってもズバリ過言ではないでしょう!!(爆)

 

 

 

 

丸尾君を彷彿させる勢いで断言できます(笑)

 

 

 

 

 

 

そう、我々中間管理職には残業をしても早出をしても残業手当や早出手当が払われないという協定がございます(泣)

 

 

 

 

 

すべての管理職が当てはまるわけではないのかもしれません。

 

 

 

 

 

ですがほとんどの管理職の方にはおなじみのものではないでしょうか?

 

 

 

 

 

そう、あのサブロク協定ですね!

 

 

 

 

 

これがとにかくやっかい!!(悲)

 

 

 

 

 

 

管理職は不測の事態には責任者として随時でばったり、なかなか終わらない案件などのときはやはり残って、もしくは早く出勤して当たらないといけません。

 

 

 

 

 

これらは結構な頻度でやってまいります。

 

 

 

 

 

 

そして働けど働けど、勤務時間外の手当はもらえないという悲しさ^^;

 

 

 

 

 

 

年俸制だったりするとなおさら切ないですよね(泣)

 

 

 

 

 

その点、役職無しのころはこれらはもらえていましたからねえ(汗)

 

 

 

 

 

 

過去を振り返ると中間管理職になる前の方が手取りが多かったような気さえします。

 

 

 

 

 

 

仕事量は今の方が莫大に膨れあがりましたけれどもね!!(笑)

 

 

 

 

 

働いても働いても給料という目に見える形で反映されないという点が中間管理職のむなしいところではないでしょうか??

 

 

 

 

 

私はいつしかサブロク協定に憎しみすら抱くようになりました(笑)

 

 

 

 

 

 

そうだ、定時で上がれるときには遠慮なくパッと帰ってしまえ!!

 

 

 

 

 

そう思うようになったのもこの頃でした(笑)

 

 

 

 

 

 

だってばかばかしく感じませんか?ただでさえいつも人の二倍仕事してるのに、給料は一人前なのですぞ??(笑)

 

 

 

 

 

どうせなら被害は最小限に食い止めるべきです!そうでしょ??(笑)

 

 

 

 

 

 

中間管理職たるもの、部下より早く上がるのは気が引けると思ってしまいがちですが、できる人こそ時間内に仕事を終わらせて帰るものです。

 

 

 

 

 

上司が恒常的に残っていると部下が帰りづらくなる職場になるかもしれません。まあ、うちの部下たちに限ってはそういった心配は全然ありませんが(笑)

 

 

 

 

 

 

もちろんいざというときや正念場には私の出番となりますが^^;

 

 

 

 

 

仕事でもオンオフの切替を上手にできるようにしていきたいですね!

 

 

 

 

みなさま、本日もお疲れさまでした!よい夜を^^